世間は狭いのか

最近日記の更新を怠けておりました、男子大学生のぶりゅーらです

1週間以上更新がなかったのは初めてのことだと思います

昨年の11月1日から始めたこの日記は実に半年以上書いていることになります

読者様の数も増えました

はじめは数人だった読者様もいまでは20人を超えております

これからも軽い気持ちで読んでいただければと思います

*通知用のアカウントです フォローされていない方はよろしくお願いします

Twitter→@buriburiburyura

 

開始当初は毎日PCにむかって日記を書く時間が楽しく感じられました

しかし、飽き性のぶりゅーらにそんなマメな日課を続けられる継続力はありませんでした

年が明けると2日に1回の更新となり、テスト期間中は3,4日に1回 最近は週に1度の更新がやっとです

ルキーニ君からは「ブログ閉鎖したんじゃないの?」と言われてしまう始末

そのくらい最近はさぼっています。。。。。

 

ここで正直に心境を吐露します

 

書くのめんどくさくなってきた。

面白いネタが周りにない。

*というか僕が見つけられていない

変な文章を書くのが恥ずかしくなってきた。

 

以上、簡潔に言い表すとこの3つになった

 

 

しかし、中だるみというのは誰にでもある。

みなさんもなにかを続けようと思って中だるみをした経験が必ずあるはずです

中だるみというのはむしろ1つの過程です

中だるみがあって、それを改善しようと努力してこそ本当の継続に近づくのではないでしょうか

 

いいことを言った気がすると感じたと同時に、ナカダルミさんという名前の人が日本のどこかにいないか興味が湧いてきた

 

よし!つまらない日記をこれからも続けていこう!!

俺の日記なんだ!俺の好きなことを書けばいいんだ!!!

うほほーーーい!!!

なんだか久々にキーボードをカタカタしてたら気分が上がってきた


次回、「城之内死す」

 

ではさっそくどうでもいいことを書く

 

世間は狭いかもしれないと感じたことが2度あった

1つ目は、いろいろあって他学部の飲み会に飛び入り参加したときのこと

総勢10名ほどだったが、ほとんどが初対面だった(女子4人は完全なる初対面)

酒の力も借りて、ほとんどその夜限りの友達を5人ほど作った

そのうちの1人に僕の高校のころの部活のマネージャーのいとこだと名乗る女子が現れた

話を聞くと、2人は年と性別が同じなのでとても仲がよく、毎年どこかへ遊びに行っているらしい

 

おぉ、、まさかこんなところでつながるとは、、、、。

機会があれば3人でハーレム飲みを開催すると約束してくれた

 

 

もうひとつは、甲子園君の母親と僕の母親が接触したということだ

これは本当に奇跡に近い

甲子園君の実家は僕と同じ市町村だが、高校までの接点は0だ

なのになぜ母親同士が接触できたのか

 

それは、僕の妹が通う高校の学食に甲子園君の母親が何年か前から勤めているというのが一因だ

そして先週末、僕の母親が妹の高校の文化祭へ行った際、学食を訪れる機会があり、そこで甲子園君の母親を見つけて話しかけたそうだ

 

ふだん僕とつながっている甲子園君

母親たちまでつながってしまった

 

甲子園君とのつながりは永遠のものになったかもしれない

 

 

 

 

世間は狭いと感じたと書いたが、狭い世界にいるのもたしかだそりゃぁこの島国に20年間暮らしてりゃぁいろいろとつながりがあるはずだ

もっと広い世界を知りたい

いろんなところへ行ってみたい

 

僕は無知だぁぁぁぁっぁぁっぁ

ムチムチしてるボディが好きな無知だぁぁぁぁぁぁぁ

武智武智(ムチムチ)天皇の末裔なんだぁぁぁぁぁl!!!!!

 

あほらしくなってきたので寝るとする