資格

今年初の部活に行ってきたぶりゅーらです

ボールは手につかず、バットも思うように振れませんでした

これから徐々に体を慣らしてゆきたいと思います

では、今日も音楽を聴きながらつらつらと書いてまいります

BGMはSMAPです

 

テストが間近だ

これといった対策もせぬまま年を越してしまった

といっても僕は文系なので、理系の皆さん方のように意味不明な数式などを覚えることはないので、テスト期間に頑張れば単位は確保できます

*という浅はかな考えで舐め腐っていたら、前期に3単位落とした

もちろん、要領のいい人の中にはフル単もしくは1つしか落としていないという人もいる

 

こんな僕だが、すでにテスト明けのことを考えてしまっている

今、1番ほしい資格があるのだ

それは、簿記だ

なぜ簿記かというと、

・簿記を理解することによって、企業の経理事務に必要な会計知識だけではなく、財務諸表を読む力、基礎的な経営管理や分析力が身につく

・ビジネスの基本であるコスト感覚も身につくので、コストを意識した仕事ができるとともに、取引先の経営状況を把握できるために、経理担当者だけではなく、全ての社会人に役立つ

*すべて日商簿記試験を作成している商工会議所のHPより

 

この言葉を見ただけで、あー、簿記したらプラスのこと多そうと思った

ちなみに、2級は商業高校卒業程度、1級は大学生もしくは専門的に商業を勉強している人が受験するという

 

なんか、急に意識高い系になってキモイよぶりゅーらと思われるかもしれないが、なにもせずに人生が終わってしまうのが一番怖いと思い始めたからこういうことをあえてブログに書いて実行に移したいと考えている

 

ちなみに、去年の年末はITパスポートを取得したいと思っていた

天神のジュンク堂でテキストまで買ったのに本棚の中で眠ったままだ

ITパスポート取得のための平均学習時間は200時間だそう

200時間と言えば、1日2時間、週に5日間勉強すれば20週=4か月ほどで取得できる計算になる

それよりも、800時間かかるという日商簿記1級を勉強した方がよいと考えている

*およそ9か月

 

なぜ、ITパスポートはあきらめたかって??

いちお勉強はしたよ?

でもあれだよね。10日坊主だよね。うん。

 

でも、僕には簿記を勉強する大きなモチベーションがあるのだ!!!

 

時は2日前にさかのぼる。

乃木坂46個別握手会@京都

衛藤美彩レーン

僕「なぜカノ読みました!」

美彩「えー!難しかったでしょ?」

僕「わけわかんなかったです(´;ω;`)ウゥゥ」

美彩「わかったら楽しいから勉強頑張れ!」

剥がし

僕「はあああああああああああああああああああああああああああああああああい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」(チョロオタ)

 

なぜカノというのはこれ↓

 

なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?

なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?

 

 僕の働くTSUTAYAでもビジネスは経営のコーナーに陳列されてある

 

僕は美彩先輩が出ているという理由1つだけでこの本を購入した

この本はSF風の小説で、その中で簿記が世の中を変える様子が描かれている教養ビジネス本となっている

美彩先輩も製作の段階から深くかかわっており、この本をつくるにあたり相当勉強しなおしたとか。*美彩先輩は商業高校卒業なので簿記の資格を持っている

 

この本、専門知識0の人が読んでもちんぷんかんぷんだ

そのことを僕が立派に証明した

でも、わかったのは、株式会社と簿記は密接につながっているということだ

経理と呼ばれる部署に配属される人はきっと、簿記の資格をもっていないとダメだと思う

会社の心臓部と言ってもよい経理部。

あー、僕も球団にはいって成り上がるためには財務諸表くらい読めないとなー。

読後、そんな思いに駆られたことを覚えている

 

そして、今回の握手で再認識した。

 

美彩先輩も僕を応援しているんだ。

僕は簿記を学ばなくては。

 

3月からは公務員講座が始まる

僕は受講しないが、周りは勉強しだす。

僕もがんばろっかなー。

 

おまけ

美彩先輩と握手2回目

僕「僕、勉強と野球頑張ります!!」

美彩「うわー!!!頑張って!!応援してるよ!!」

剥がし

僕「はあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」