東京旅行4日目つづき

ひさびさに野球をして腕がつるという初めての体験をした

練習後のサッカーではしっかり勝ってジュースをゲットした

 

さ、午前中に書いたはずだった4日目の出来事を書くとしよう

ほんとに今度から気を付けよ、、、

 

築地でグルメを堪能した我々が次に目指したのは秋葉原だった

メイドカフェかマニアックな店に行ってみようという主旨である

しかし、秋葉原の中心街は常時、歩行者天国があっていると勘違いしていた僕は道に迷ってしまう

後で知ったが、ホコテンは土日祝日限定だった

変なルートを通ったりして、結局マクドナルドに落ち着いた

僕は無能の烙印をおされてへこんだ

旅のしおり通りにいかなかったのはこの秋葉原だけだった

 

ライブは18:30でマクドナルドを出たのが正午過ぎ

いくらなんでも時間がありすぎるという状況で僕は代官山蔦屋書店に行きたいと提案した

その案が可決されたので、日比谷線に乗って中目黒駅へ向かった

中目黒駅周辺はおしゃれな家が多く建っていた

 

代官山の蔦屋書店はTSUTAYA店員として一度はいってみたい場所である

さぁ、それが目の前にある 外観もかなりおしゃれだ

胸を躍らせ中へ入った

おぁ~~なんという知的な空間

書籍、音楽、映像すべてそろっている

極めつけは、バーがあったことだ グラスを片手に商談しているビジネスマンも見受けられた きっと部長クラスなのだろう

僕以外の3人も結構楽しんでいる様子だった

 

ただ、1つだけ意外なことが

僕が店員に「MdNの最新号ありますか」と問うたらMdNはおいていないと返された

MdNとは、クリエーター雑誌で僕は毎号チェックしている

万理華さんが1年前から連載を持っているんだよ(Marika Meets Creators)

 

 今月号はアイドル特集やぁぁ はよ読みてぇ

こんだけ大きい店だから絶対あると思ったのになぁ

 

齋藤飛鳥ちゃんが表紙&特集されているMARQUEEはおいてあったお

 

MARQUEE Vol.117 特集:乃木坂46 齋藤飛鳥 中田花奈×川後陽菜 山崎怜奈 欅

MARQUEE Vol.117 特集:乃木坂46 齋藤飛鳥 中田花奈×川後陽菜 山崎怜奈 欅

 

 人の目はばからず舐めるように読んだよ

最近の飛鳥ちゃんのかわいさはバケモン級だ

 

満足感をもって代官山蔦屋書店を出た我々は渋谷に向かった

渋谷までは東急東横線を利用した

東急は初めて乗ったのでウキウキした

*東京の鉄道会社事情を調べたらすごくおもしろかったから今度書こっと

 

渋谷へ行った目的は、ロマンスのスタートという曲のロケ地として使用されたcafe FLAMINGOがあるからだ

*僕は一人旅行のときにマッチョとぼーちゃんと訪れたことがある。ぼーちゃんはこの日家に泊まらせてもらった高校の友達

おととい渋谷を散策したときは設備点検のため閉店だったが、今回は開いていた

なか〇君、SY君、犬君はとても興奮していた

店内には今夜のライブに参戦するのだろうと予想される男性グループがいくつかいた

 

店内は真っピンクの世界

天井すらもピンクだ

f:id:buryuranonikki:20161210204024j:image

ロケ地じゃなければとても男だけで来れる場所ではない

キャラメルバナナケーキとコーヒーを注文した

ここのスイーツは普通においしい SY君のクレームブリュレとかめっちゃうまそうだった

 

隣のテーブルに座っていた法政大学の付属高校とおもわれる女子高生が恋愛トークを繰り広げていた

ケーキはとっくに食べ終わっており、帰るかと思ったら隣に座って自撮りし始めた

 

はやくそこをどけぇえええええええええええええええええぇぇぇぇぇぇぇぇ

そこに七瀬が座ったかもしれないんだよぉおおおおおおおおおおおおおおおおおんおんおんおん

 

なんてことは言えず、彼女たちが退店するのを待ったが、結局、僕たちより先に入っていたのにどかなかった

 

渋谷には万理華さんが訪れたことがあるという古着屋さんがあったので、行ってみることにした

*前日になか〇君の友達から仕入れた情報

 

いやー、万理華さんが行ったくらいだからめちゃおしゃれな店でしょ。僕なんかが、、、と思ったのだが、せっかくだから入ることにした

10帖ほどの小さな店内には古着やファッションアイテムがたぁくさん

かわいいニットを見つけたので手に取ってみた

するとかっこいい店員さんが声をかけてきた

店員「試着されますか?」

僕「あー、まだいいです」

店員「どちらから来たんですか?」

僕「熊本です」

店員「僕、地震の時熊本いましたよ」

期間限定で熊本でバイトいていたときに地震に遭ったらしい

しかも前震、本震ともに

飛行機が飛ばなくて大変だったってー

そこから話がはずんで気分を良くした僕はニットを試着してみることに

僕の最悪なスタイルにこんなだぼだぼな服に合うはずがないと思ったが、そのダボっとしてるのがおしゃれらしくてさらに僕は気分を良くした

さらに、万理華さんが訪れた店だ

んーー。。。。悩む。財布の中身は残り1万円を切っていた

仮に買ったとしたら残りは5000円だ、、

 

万理華さんとお金をてんびんにかけてみた

 

当然、万理華さんが勝利したので購入しました

ぶりゅーらが変な服を着ていると思ったらここで買った服です

 

ちなみに、お店のTwitterです  @aniki_tokyo 

 

かなり気分が良い僕は渋谷のセンター街を叫びながら歩いた

やったよおおおおおおおおおおおんおんおのおおん

 

さぁ、そしてライブへ

ライブ、最高だった

それしか言えない

 

しかし、ライブ後に僕は致命的なミスをしてしまった

買った服を武道館に忘れてきてしまったのだ

Oh, my goddddddddddddddddddddddddddd!!!!!!!

気づいたときには電車の中で、もう引き返せなかった

あぁぁっぁぁ、、、、なんて馬鹿なんだ、、テンションはガタ落ち

このあと、ドラマのロケ地として使われたもんじゃ焼き屋さんに行くというのに、、

 

電車から降りてすぐに武道館の警備課に電話した

見つかったら電話をしますということだった

頼む、愚かな僕の愚行を許してください、、、、、天に祈るしかなかった

 

もんじゃ焼き屋さんについた

9時にライブが終わって9時45分についた

出発前に予約しておいたが、客は僕たちを含めて3グループだけだった

しかも、みんなライブ後だったww

店内はサインやポスターがたくさん飾られてあり、夢のような空間だった

生ビールで乾杯

最高な夜だった

 

店を出る前にケータイを開くと不在着信が。え!!もしや武道館から!!??

急いでかけると、武道館の警備の人の声

「みつかりましたよー」

 

なあああああああああああああああああああだぁああああああああんおのんおんおん

神様ありがとう!!!!!!!!!

 

あきらめかけたものが手に入る瞬間っていいね。フフッ

 

もんじゃ焼き屋さんの最寄り駅である田原町駅で僕らは解散した

僕はこの日だけぼーちゃんの家に泊まった

ぼーちゃんはうんこという単語が好きな小学生のようなヤツだ

もちろん、「ぶりゅ」もすぐに気に入ってくれた

マッチョと3日間寝たせいで抱き合って寝ることに慣れていた僕はぼーちゃんの腕をつかんだ

「汚ねぇ」の一言で一蹴された

言葉遣いは汚いのに無駄に潔癖なのがムカつく

*それでも風呂は一緒にはいったけどねw

 

ぼーちゃんは本当にめんどくさいヤツだ

高校のころ、僕が読んでいた本を取り上げて食べたりしてきた

そのめんどくささはこの日も発揮された

 

僕は親に内緒で東京に来ていた

というか、言う必要性を感じてない 無駄な心配をかけられるし

で、僕がそのことをぼーちゃんに言うと、彼は勝手に僕の知らぬ間に僕の家族ラインに自分の変顔を載せた

 

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

めんどくせえええええええええええええええええええええええええええええええええ

*ぼーちゃんは幼稚園と高校が一緒だったので親同士友達である

 

ぼーちゃんのめんどくささは世界一だと思った

*翌日、東京に滞在していることを打ち明けました

特に何も言われませんでした

 

4日目終了。