定期戦

プロフィールにも書いているけど、小5から野球をしている。

小学校はソフトボールで地域のクラブチームに入って、中学は部活で軟式

高校野球は弱小ながらもキャプテンを務めた

大学では野球はもういいかなと思っていたが、高校の同期が「最後の打席があんなんじゃいやだ。俺、大学でも野球するわ」と言っていたのでなんんとなく俺もしてみようかと高3の受験期に考えていた。

*その球友は高3で肩を痛め、夏の大会では代打で出場、セカンドゴロに終わった

 

んで、現役で大学に受かった俺はなぜか野球部にはいるぞ!という強く意気込んでいた。(受験終わって親父とキャッチボールしたら妙に球がいくので変な自信を得た)

球友も見事第一志望の大学に合格し、二人で大学野球の話をしたりした

 

そして、4月、念願の体育会野球部に入部したのである

3か月後、、、、高校の無念を晴らすべく大学野球の世界にはいったであろう球友に連絡してみた

 

俺「野球どう?雰囲気いい??」

友「あ、俺アメフト部はいった」

俺「wwwwww」

 

あれれーーーなんでーーー( ´∀` 野球すると言ってたではないかーー

こうもあっさり裏切られるとは、、、

 

まあ、あいつはそもそも他の大学だし、関係ねえ!!俺はこのチームで一年からレギュラーとってやる!!そう思っていた

 

だが、実は球友に連絡をとったころには気づいていた

「あれ、レベル高いっすわー。。。」

 

以降、大会にはベンチに入れてもブルキャばかりで公式戦には代打ですら出たことがない

1年の冬はあまり野球に身が入らなかった

春、3回目となるリーグ戦は地震の影響で短縮開催であった

他大学からぼこぼこにされた

あまりの力の差に野球から離れていく先輩もいた

 

しかし、2年の夏は頑張った

なんとか勝てるように、せめて国立大には勝てるように

組織も見直され、キャプテンを中心としたまとまりのあるチームとなった

 

すると、、、勝ててきた

オープン戦の勝率は6割を超え、秋季リーグでは初の2位となり、南九州ブロック大会にコマを進めたのである

 

おおーーーー野球楽しいーーー

公式戦出場は今回もなかったが、なにより野球の楽しさ、勝利の喜びを体感したリーグ戦だった

 

新人戦は強豪相手に惜敗した(いずれ詳しく書きたい)

そしてこの時期は昔から行われていう定期戦がある

 

あさってなのだが、あしたはバイトのため書けないと思うので今日書いておこうと思う

 

正直、あまり楽しみでない どーーーーん。

なぜって?OBめんどくせえもんんんんん

現役、ヤングOB、OBの順に3試合けど、現役の試合でないし、OBの試合はずっと観戦せないかんし

夜の宴会とか会費5000円だぜ

痛い出費すぎる

 

でも、案外楽しいこともあるかもだからめちゃくちゃ嫌だというわけでもないが、、、

 

また試合から帰ってきてから書こっと。。